福岡県北九州市のアダルト・チルドレンのトラウマを開放し、鬱、パニックを解消するセラピールーム

ハートランドセラピー         




〒808-0144 北九州市若松区高須東1-8-29   予約・お問い合わせ 080-6091-3616 

                                                                  ※営業電話がとても多いため、現在はお問合せ等はメー
ルで受け付けております。
                            下記メールナンバーをクリックして送信してください


北九州市、中間市、遠賀郡、宗像市

直方市、飯塚市、下関市、宇部市
       e-Mail:hl_therapy@yahoo.co.jp

ご予約・ご質問はお気軽に

080-6091-3616

営業時間:9:00〜22:00 / 定休日:月曜日

潜在意識を変えるセラピー

新型コロナウィルスへの対策

      ①玄関入り口はセラピストが開きます。

  ②お客様には玄関で手袋をしていただいています。

  ③換気を徹底しています。

  ④セラピストはマスク、手の消毒をしっかりおこないます。

不安な方や遠方の方には、電話やスカイプでおこなっています。

 

北九州市の内臓不調の方への整体、頭蓋骨矯正のホームページ

 

潜在意識を変えて❝生きづらい❞を克服するセラピー

kao1.jpg

大岡 道世(セラピストネーム)

 

 

 

 

 

 

こんな悩みを抱えている方へ

■いつも寂しい・独りぼっちだと感じる、楽しくない

■ちょっとしたことで不安になる

■悪いことが起こると思う

■ジェットコースターのように感情がアップダウンする。

■やりたいことができない、現状を変える勇気が出ない

■人付き合いに疲れる、人に拒否されるのが怖い

■人の顔色を伺っている、自分を主張できない

■人前で過度に緊張する、あがる

■自分の居場所がないと感じている

■結婚に幸せなイメージがない、子供が憎らしい

 夫婦やカップルの問題

■今の仕事は自分の仕事と違うと思う、やる気が起きない

■うつ、パニック、過食、恐怖症

 

 

人生は潜在意識で決まる

潜在意識って

潜在意識とは、自分では認識できない意識のことです。

 

自分はこんな人(セルフイメージ)とか自分の役割意識、他人への考え方、お金とか

人生に対する意識など様々なものの見方や考え方です。

 

潜在意識の恐ろしいところは、人の考えや行動は潜在意識に決定的にかかっている

ことです。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

自分は情けないダメ人間という潜在意識を抱えている人は、周りからは

素敵な人と思われていても、自分の中では『こんな自分なんて・・』

と好きな人に告白もできなかったりします。

 

また、自分は無力という潜在意識を抱えている人は、人生のチャンス

が来ているのにチャレンジすることを回避してしまいます。

自分に自信がない要因の1つとなります。

 

金持ちは襲われるといった潜在意識を抱えている人は、稼いだお金を

さっさと使ってしまったり成功を回避してしまいます。

 

 

【潜在意識は記憶から生まれる】

 

例えば、子供のころに父親から怒鳴られたり叩かれた人は、成人になってからも

他人の顔色を伺ったり、他人と親密になれなかったり、他人と争うことを避けたり、

何かにチャレンジすることを怖れたりします。

 

大人になっても自分の父親を恐れるのならばわかりますが。

その後の人生にこれほど影響を与えるのは、それが潜在意識の問題だからです。

 

上の例で考えると、幼少期に暴力を受けたことで

《自分は無力》《人は豹変する》《他人を信じてはいけない》

といった潜在意識が生じた結果、将来にわたって他人の顔色をうかがったり、視線を

気にしたり、他人の意思に振り回されるようになったのです。

 

 つまり、 

ネガティブな潜在意識は、ネガティブな記憶から生まれるのです。

 

 

 

 

 

ところで、潜在意識の問題でとても苦しむ人々が存在します。

それは、アダルト・チルドレンと呼ばれる人々で、

幼少期トラウマを受けた犠牲者です。

 

【アダルト・チルドレン】

アダルト・チルドレンとは、幼少期に育った家庭で主に親からの虐待

(DV、暴言、干渉や無視)などを受けた心の傷(トラウマ)を抱えたまま

大人になった人のことです。

 

上記のほか、家族間の喧嘩、親の愛情が兄弟と違う、両親の望まない性別で生まれ

た、家業で母親が忙しかったり、精神的に不安定だったりして子供への関心が薄れてし

まったなども原因となります。

 

アダルト・チルドレンは、自己肯定感が低く、いつも不安で、安定した人間関係を

築くことができず孤独感に苦しんでいます。

 

未来は明るいと思えず、自分に自信を持てないために今いるところから

抜け出す勇気が持てません。

 

それは、育った家庭での悲惨な状況から生まれた潜在意識によるもの

もありますが、特に重要なのはお母さんとの関係です。

 

人は他の動物と違い、まったくの無力な存在として誕生します。

 母親から関心を持たれなければ本来は死んでしまう存在だからです。

だから母親の関心が薄かったり、粗末な扱いを受けた子供は、

 いわば死ぬかもしれない恐怖を抱えます。

 そこに絶望感や諦め、空虚感や粗末な自分という潜在意識が生じます。

 

幼い子供は、母親から抱きしめられて価値ある自分という意識や安心感を

得ます。

母親から無視されたり虐待された子供には、この世は安全で安心な世界だ

という世界観が欠如しています。

 

見捨てらりる恐怖や拒否される恐怖があるために、人と親密になることが

できません。

 

仲良くなった人との関係が終わるとパニックになったり、傷つかないように

最初から親密になることを避けています。

気が付くとうわべだけの友達ばかりだったという人はこういう人です。

 

職場では他人の期待に過剰に応えようとしたり、自己評価が低いために満足する

ことができず、いつまでも続けてしまい疲れ切ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己評価が低いためにと結婚が遅れたり、結婚しない人もいます。

これには、育った家庭での両親の喧嘩や豹変する父や母の影響もあります。

結婚は不幸という潜在意識を抱えています。

 

無価値感や不安から逃れるためにアルコールや恋愛に依存する人もいますし、

虚しさや絶望感から自殺してしまう人もいます。

価値のない(必要ない)自分は死んでもかまわないからです。

 

【前世の記憶】

上記のような記憶が過去にないときは前世のトラウマを解消していきます。

前世というとオカルトっぽいですが、大体8割くらいの人は自分でイメージできます。

 

具体的には、例えば結婚は不幸といった潜在意識を抱えている人

の意識の中からその原因となった出来事を検索します。

 

私がその出来事の情景を説明して、クライアントにイメージしてもらいます。

結婚は不幸という潜在意識を抱えている人は前世でも母親が父親に首を

絞めらるようなショックな場面を目撃した記憶を持っていることが多いです。

 

お母さん問題を抱えている人は、お母さんが自殺しているのを見つけたり、

母親に端から突き落とされるといた体験をしている人が多いです。

 

※前世の自分といっても現在の自分とは直接は関係ない人です。

 ただ、魂を引き継いでいるだけといわれています。

 

セッションでは現世・前世の不幸を開放するとともにネガティブな潜在意識

を変えていきます。

考え方が変わるので記憶のイメージも変わってきます。

例えば、お母さんの顔のイメージが起こった顔⇒笑顔に変化します。

 

 

 

 

 

 

【変えるべき潜在意識の例】

 

《申し訳ない》

嬉しいとか楽しいといったポジティブな感情が抑えられる。陰鬱な気分。

すぐに自分が悪いと思う。ひどい場合はアルコール依存や自殺願望につながる。

 

《見捨てられる》《嫌われる》

見捨てられた嫌われたくないために、人の要望や期待に過度に応えようとする。

頑張りすぎて燃え尽きてしまう。

『自分の意思』や『感情』が分からなくなる。⇒自分が無い、生きているのが虚しい。

『いい人』を演じて疲れてしまう。人付き合いに疲れる。

 

《自分はいらない人》《必要ない人》《役立たず》

職場で叱責されたりすると過度に落ち込む。『居場所がない』と感じる。

周囲に迷惑かけていると感じる。

『必要とされる必要』があるので、仕事で頑張りすぎたり、恋愛では

問題のある人ばかりを好きになる。

 

これは、主に記に記したような現世や前世における母親とのトラウマ

が原因です。

 

《自分は無価値》《自分は取るに足らない人》

自尊心の問題です。

自尊心とは自分は尊い存在であると認識して、だからこそ自分で自分を大切に

する意識です。

 

自尊心の問題は主に前世でのお母さんとトラウマから生じることが多いです。

お母さんに捨てられたり、自分を残して自殺してしまったといった前世があります。

捨てられたのは自分に価値が無いからだと考えるからです。

 

自尊心に問題がある人は、自分を大切にする意識が不足しています。

 

危険な人たちとつるんだり、自分の体を犠牲にするような過剰なアルコール

や危険なドラッグ、不健康な生活を送ったりします。

これらは、緩慢な自殺と私は考えています。

 

《自分は無力》《失敗する》《うまくいかない》《悪いことが起こる》

挑戦することに臆病になる。

《悪いことが起こる》という潜在意識を抱えている人は前世で、

行動した結果が最悪の状態を招いた記憶がある方で、やはり現状を変える

挑戦を避ける傾向にあります。

例えば、ブラック企業で大変な思いをしているのに会社を辞められないなど。

 

《努力しても虚しい》《絶対絶命》

気力が低下する。やっても無駄だと感じる

 

《自分は短命》《自分は年寄り》

新しいことを始めてももう遅いと思う。意欲が湧かない。

 

結婚は不幸》《家族を不幸にする》《家族は重荷》

恋人ができても結婚したり、家庭を持つことを避ける。

異性との交流にも後ろ向き。

 

実例として、自殺したり刑務所に長期間入るなど家族を辛い目にあわせてしまった

前世がある方が居ます。

その1人は、好きな人ができると『自分はエイズだ』という強迫的な観念が

生じて、無意識的に異性との交流を避けていました。

 

《自分の役割は○○》

前世で歌手やスポーツ選手で成功した人は、会社勤めをしていても『何か違う』

と漠然と思ったり、自分探しに時間を使ってしまったり、コツコツ勉強する

ことが無駄のような感じがして意欲が湧かない人もいます。

 

そのほか、《自分は死ぬべきだ》《生きることは苦しみ》《世の中は危険》

《男(女)に生まれたのは不幸》というような潜在意識も書き換えが必要です。

 

                      

 

 

 

お問合せはこちら

ご予約・ご質問はこちら

080-6091-3616

営業時間:9:00〜22:00
定休日:月曜日

お知らせ

新型コロナウィルスへの対策

◎マスク着用とアルコール消毒

◎窓を開けて換気しています。

お気軽にお問合せください

ご予約、ご質問はこちら

080-6091-3616

整体のご予約は、上の24時間予約サービスへ。
心理セラピーは、メールでお問い合わせください。

セラピストプロフィール

CA390109.jpg

名前:大岡 道世
職業:心理セラピスト、
   整体師
 

080-6091-3616

hl_therapy@yahoo.co.jp
 

自分自身が幼いころから極度の人見知りで、漠然とした不安感や自信のなさに苦しんできました。
過去世まで遡って潜在意識を書き換えると全く人生が変わっときます。
『生きることがつらい』方は、お気軽にご相談ください。